プロフィール

川井春水広島県生まれ。生家の松浦家は、肥前国松浦が本拠地であり、NHK大河ドラマ「北条時宗」で注目を浴びたあの"松浦党・松浦水軍"として、日本のみならず海外にまでその名を轟かせた松浦一族の直系の末裔である。

幼少の頃に2度(生後間もなくと3歳の時)臨死を体験。2度の臨死体験後、自己の霊感が目覚めた。信仰心が篤く霊感を備えていた祖母の血を引いたことも影響しているかもしれない。高校在学中、父親の教育方針によって留学のため母と共に渡米。

アメリカ滞在中の22歳のとき、突然、かつて聞いたことのないご真言が頭の中に響くという啓示を受け、ご真言と共に脳裏に浮かんだ風景を頼りに、辿り着いた某地方の山中にあるお寺で、終生の師となる人物と運命的に出会う。格別の計らいをもって女人禁制の掟を破り、弟子入りを許されて入山。以後定期的に来日し、約30年に渡り厳しい密教の修行を重ね、着実に神仏両方を奉ずる密教者としての能力を身に付けていく。

アメリカでは、行方不明者の発見や殺人事件を解決に導くなどの実績をもつ。代表的な例としては、FBIの捜査協力によりシャロン・テート惨殺事件・ヨセミテ国立公園行方不明少年捜索事件などがあり、マスコミに取り上げられたことから当時アメリカで経営していたレストランにも多くの人々が相談に訪れる。そのレストランの相談者の中には日本企業の関係者も多く、その人たちを通じて日本本土でも噂になり、頻繁に日本に呼ばれ、悩みの相談に乗っているうちに、アメリカにはほとんど帰れなくなるくらいに多忙となる。

授けられた能力で少しでも人々のお役に立つことができればとの思いで、10年ほど前から東京にオフィスを構え、師の教えに従い、荘厳契密法(そうごんきんみつほう)の魂伝師として人々を導くための活動を本格的に開始する。現在は日本、アメリカのみならず世界中を飛び回り、困っている人々、苦しんでいる人々の魂の救済にあたっている。信奉者は、スポーツ選手や芸能人のみならず、政財界やお寺の住職など多岐に渡り、某大手企業においては川井春水のアドバイスにより一部上場を果たした実績を持つ。

川井春水は霊視能力だけでなく、彼女が修めた密教に伝わる根本教典に書かれている荘厳契密法(そうごんきんみつほう)を使い、将来の予測、経営・人事の相談等、様々な相談に対し的確なアドバイスを与え、国際的に活躍し確実に実績をあげている。